初めての方へ

初めての方へ

コンタクトレンズには、素材によってハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズの2種類があります。
さらにソフトコンタクトレンズは交換頻度によって種類が分けられます。

主なコンタクトレンズの種類

なぜ目に酸素が必要なのか?コンタクト装用時は大丈夫?

角膜には血管がないため、涙を通して空気中から直接酸素を取り入れています。
酸素が十分に届けられないと目のトラブルの原因に。


ソフトコンタクトレンズは程度の差はありますが、酸素が通るようにつくられています。
ただし、眼科医の指示に従い装用することをおすすめ致します。

コンタクトレンズは高度管理医療機器です。

コンタクトレンズは目に直接つけて使用するものです。使い方のルールをしっかり守らなければ、深刻な眼障害などのトラブルを引き起こしかねません。そのため、コンタクトレンズは、適切な管理が必要なものとして、心臓ペースメーカーや人工関節などと同じく、高度管理医療機器 に指定されています。


高度管理医療機器とは、副作用・機能障害が生じた場合に、人の生命や健康に重大な影響を与える可能性があり、適切な管理が必要として厚生労働大臣に指定されている医療機器のことです。

まずは眼科医で検査・処方をうけましょう

目にあわないコンタクトレンズの装用はさまざまなトラブルの原因になります。視力を矯正するレンズの度数はもちろんのこと、人によって目の表面のカーブなどが異なるため、レンズのフィット具合も調べなければなりません。


また、角膜(くろ目)や、まぶたに病気があったりドライアイであったり、アレルギー体質であったりするとコンタクトレンズ装用によって病状が悪化したり、他の眼病を引き起こすこともあるのです。


快適で安全な装用のため、眼科医の検査と処方は必須です。

眼科医による検査が何故必要なのか

眼科医による検査であなたの目の健康状態を評価し、視力低下の理由が眼病等の原因によるものではないか、また、コンタクトレンズ装用に向いているかを判断することが第一の目的です。


目の状態によっては、1日のうち数時間のみ装用が可能な場合もありますし、1日使い捨てのように毎日新しいレンズを装用することで、装用可能と判断される場合もあるのです。


さらに、あなたの最適なレンズの種類はもとより、度数やベースカーブなどの規格を決定するのにも眼科医による検査が必要です。

適切なコンタクトが決まるまで

shop profile TOMOEメガネ・コンタクトの店舗概要

Tomoeメガネ・コンタクト


[ADRESS]
〒223-0057 神奈川県横浜市港北区新羽1671(新羽本店)
クリニックフロアー1階(眼科・内科・耳鼻咽喉科・皮膚科 併設)
出張所:宮崎台、辻堂、中山

[TEL&FAX] 045-533-2555


[最寄駅]ブルーライン「新羽駅」より徒歩2分(ガスト・ローソン隣り)
※クリニックモール駐車場10台分有り


▼営業時間
月・火・水・金
9:30~12:30 / 14:30~19:00

9:30~12:30


▼定休日
木曜・日曜・祝日・土曜午後


すぎうら眼科

ソフトコンタクトケアの注意点

メルスプラン

初めての方へ

アフターサービス

クーポン

メガネ選び

リンク